忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月2日決定おめでとう!!!

revo2
------------------------------------------------------------------
この間の、ガウ&ゼルの対になる感じで。女のコパワー☆で今期もぶっとばしていきましょう!
------------------------------------------------------------------

現在、UNFのイロハさんと水面下でとある企画の準備をしております。
大変面白い企画になるだろうと私自身、今からワクワクです。
ここを覗いて下さっている方は、是非是非楽しみにしてて下さい。

------------------------------------------------------------------
それに伴い、只今原作を再読中。
んで、つい先日あらいずみ版の漫画を数年振りに読み返しました。

いやー、忘れてる忘れてる。
あんなに熱中していたのに、話の8割近くが忘却の彼方だった・・・驚きです。
まるで初見の様に、胸を躍らせながら読む事が出来ました。
いやはや、改めて、この一冊の凄さを思い知りましたよ。

いやもう、何ていうか・・・絵が素晴らし過ぎる。
巧いなんてのは十分承知ですよ、そんなんじゃないんだ。つまり、一筆一筆が本当に完結してるっていうか。
とにかく曲線が美しい。絵・コマ描写共に無駄が無い。そしてキャラの表情の活き活きしてる事。
流石、漫画業界出身な方だけあって、原点にしていきなり完成形を作ってしまってるのが恐ろしいです。
たった一冊
にして、全て極まってるんですよ、こんな技術と才能って、凄過ぎませんか。

とまぁ、普通にビジュアルだけが優れてる漫画だったら、ここまで感動したりしない。
(・・・いや、実際感動する程のビジュアルです。それは確かですホント)
じゃあ、何がもっと凄いねん、って言うと。
あらいずみ先生の描くリナ!リナですよ!こっれがもぉー!最高にカワイイんだ!!


基本、神坂先生のリナはなんですよ、私の中では。
思考が男性的という事から始まり、佇まいであったり、どこまでも理論派で感情を排する性格とか。そこがリナの魅力ですが、一人称から抜け出すと、ちょっとシビア過ぎるだろ、って感じなんですよね。
で、アニメのリナは感情派には違いないんだけど、吐き出してるものが原始的過ぎるっていうかね・・・ストレートなのはいいが女のコ、という方向にベクトルが向いてない。ドスが効いてる時とか、ハイ親分!みたいな。

そんな少しずつ顔の違うリナの、一番理想的なリナが、この漫画版。
(完全に私の好み入ってますが)
傍若無人さも、小気味の良いキレも残しつつ、その中核にあるのはすんごい乙女ちっくな部分。
いんやー、これ、私思うんですけど、最強アイテムじゃないですか?
最高の付加価値だと思うんですよ。女の子、っていう切り口からでもリナは動かせる、そんなおっきな可能性を作った。

きっと、男性目線からの願望が、沢山込められてると思うんですよね。
もっとこんなだったらリナが可愛くなるのになぁ、って。
でもそのプラスαを、ヤらしさに着地させず(絵はヤらしいけどw)、『可愛い』に回帰させてる、この、ぜつみょーーーなバランスの良さ?これが、氏の凄さだと、思うわけです。ノリとテンポの良さもさる事ながら。


更に言うと、この中のガウリイのセクハラ具合とか。焦りとか、照れとか。
あまりお目にかかれないこの生々しさが、とてもいいなぁ、と。


結局総括すると、こんなに完璧に、スレイヤーズのノリとギャグとシリアスをサクッと描いちゃうあらいずみ氏はすげぇー!!!、という事です。
・・・すみません、毎度長くて・・・・・・(泣

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

プロフィール

HN:
アリヨシ
性別:
女性
自己紹介:
連絡先はこちら↓(返信遅)
kitakitakitaro2007@yahoo.co.jp
skypeはunchpuripuriで多分しゃべれる。

合同サークルブログ:
http://thelimppolygon.blog.shinobi.jp/
twitter mixi yfrog uncoon
------------------------------------------
◎camelog(主にねこと料理写真)◎
------------------------------------------

twitter

アクセス解析